なんでも書く日記

書かないと忘れてしまうのでなんでも書く日記。読んでも役には立ちません。

15日FOMC政策金利発表は米ハイテク株の絶好の買い場となるか

先日、One Tap BUYでハイテク株中心に個人的最強5銘柄ので打線を組み、2万円ずつ計10万円を投入した。購入直後は手数料により含み益マイナスからスタートすることになる。

f:id:occha:20170608192259p:plain

購入翌日は順調に含み益が増えつつあったのだが、10日にガツンと下げが発生し、含み損が5,000円まで膨らんだ。

f:id:occha:20170612150416p:plain

どうしたのかと思ったらこのニュースである。AIに注力する企業の株に投資したらAI(取引ボット)に邪魔されるというなんとも皮肉な結果だ。

www.nikkei.com

 何が起きたのか。米金融サービス会社、ミラー・タバックのマシュー・マリー氏は「複数の悪材料が重なり、ハイテク株売りのアルゴリズム(自動計算)取引が作動した」と指摘する。確かに主力銘柄の下落率は似通っており、機械的に一律に売られたようにみえる。

しかし、これは絶好の買い場と捉え、さっそく50万円を入金し買い増すことができる体勢を整えた。15日の米FOMC政策金利発表により長期金利が上昇した場合、ハイテク株はさらに下がるだろう。日本時間午前3時15分の発表は注目だ。ただし、上記5銘柄は下がったところで遠からず戻すこと算段が高いので、絶好の買い場となるだろう。

 

 

 

DGBはじめ草コインが軒並み落ちる

まさかマインクラフトとのコラボ企画サイトがリリースされてDGBが急落するとは予想しなかった。一時は3円台前半まで落ちてしまいどこまで行くかと思ったが、現在は3円台後半に持ち直している。

ついでにWAVEも500円台まで落ちたが、現在は持ち直して600円台後半まで持ち直した。そのほかの草コインも軒並み落ちている。

ただ、XEMとETHが上がったので、全体の資産価値は増え、日中には初めて含み益が20万円を超えた(現在は19万円程度に落ち着いている)。特にETHは20%ほど上げため、保有割合のバランスが崩れてしまったほどだ。

上がると予想していたDGBが落ちた代わりに予想していなかったETHに助けられ、やはり分散投資は重要だと思い知らされた。今度はETHを持ちすぎていることがリスクにならないかが懸念だ。

中国最大の取引所でXRPの取り扱いが始まるというニュースを読んだ。そろそろポートフォリオの12%ほどを占めるXRPにも貢献してほしい。

f:id:occha:20170611221834p:plain

本日時点の保有割合(約69万円)

f:id:occha:20170610063333p:plain

先日時点の保有割合(約68万円)

 

 

 

マインクラフト効果でDGBが上がるか

仮想通貨を買い始めて1ヶ月ほど経過し、保有仮想通貨全体の含み益が18万円となった。原資は50万円から増やしていないので136%の成績でこれは通常の投資と考えると出来過ぎだ。

保有している仮想通貨の割合としてはETHに偏っている。BTCとETHを仮想通貨の中の基軸とみなしているが、少なくとも8/1のUASFまではETHに偏らせておくしかない。XRPはなかなか上がらないが好材料も続いているので手放しづらい。XEMとXMRもパッとしないが少なくとも前回のバブルの水準までは戻るはずなのでおいておく。

WAVESとDGBは少額を入れておいたら化けた。特にDGBは1円代で10000仕込んであるので何かの間違いで100円にでもなったら仮想通貨で経験する初めての大勝ちと言えるだろう。

f:id:occha:20170610063333p:plain

このDGBに関してはまさに今日、好材料イベントが発生する(あと5時間)。マインクラフトにDGBが組み入れられる(詳細よくわからんが)らしい。この1週間はパッとしないDGBだが今日は期待している。

f:id:occha:20170610065310p:plain

https://minethatdigi.com/

 

 

 

One Tap BUYで(個人的に)最強の5銘柄を購入

One Tap BUYの本人確認が完了したので、早速米国株を購入してみた。One Tap BUYでは米国株を30銘柄取り扱っており、これらの中から好きな銘柄を好きな価格分だけ日本円で購入することができる。

(個人的に)最強の布陣は以下の通りである。とりあえず10万円を均等に振り分けた。この画像は購入後しばらく数時間経ったものなので、Microsoftだけ19%になってしまっているが、当初は全て20%となっていた。

f:id:occha:20170608192259p:plain

含み益がいきなりマイナスとなっているのは、スプレッドのためもある。ただ、購入直後は2,000円ちょっとマイナスだったので、この数時間でわずかに上がっているようだ。

今回は何気なく日中に入金してしまったが、購入する時間帯によってスプレッドが異なるらしい。米国株式市場が開いている時間帯は0.5%で開いていない時間は0.7%ということなので、0.2%の差がある。これは金額が大きくなると違いも大きくなるので気をつけよう。

f:id:occha:20170608192230p:plain

https://www.onetapbuy.co.jp/cost.html

証券取引所の取引時間は米国東部時間のAM9:30~PM4:00らしい。これは日本ではPM11:30~AM6:00サマータイム期間はPM10:30~AM5:00)ということらしい。なお、アメリカのサマータイムは4月の第1日曜日に始まり10月の最終日曜日に終わる。サマータイムが終わったことを忘れそうだ。

 

 

今回は期待はずれのやや下げ

先日、次の暴落に備えてbitFlyerに資金を投入しておいたところ、早速今朝下げの動きがあった。しかし結局28万円後半までしか下がらず、買い増すまでには至らなかった。

f:id:occha:20170608190256p:plain

bitFlyerのチャート

これが初めて経験する下げであれば慌てて底値で売ってしまい割高で買い直すような失態を演じたかもしれないが、5/27の暴落を経験しているので慌てなかった。

下がってもどうせ戻るのであるから、これくらいの下げでは動じない。今日の下げが呼び水となってガツンと20万円台前半まで下がってくれれば買い増せる。

MONAは今回のBTCの下げに全くと言ってよいほど影響を受けなかった。8月にBitcoinのハードフォークがあるのであればEthereumに逃がそうと考えていたが、もしかしたらリスク分散である程度MONAに逃しておくのも悪くないかもしれない。

f:id:occha:20170608190835p:plain

Zaifのチャート

 

 

 

次の暴落に備えbitFlyerに買い増し資金10万円を振り込み

5/27の暴落から10日ほど経過し、含み益30%弱(50万円→64万円)まで回復した。回復というか、暴落前よりも増えている。相場においては今日、暴落以来初めてBTCが30万円を超えた。暴落前と違うのは、Poloniexでも30万円を超えていることだ。

そろそろまたナイアガラがくるのではないかと睨み、bitFlyerに10万円振り込んだ。前回の暴落時には買い増しはしなかった。仮想通貨を買い始めてから初めて経験する暴落だったため、その余裕がなかった。

次の暴落ではまた前回と同じく24万円程度か、それ以下まで落ちるだろう。それが明日来るのか今週中に来るのか今月中に来るのかはわからないが、いつか必ず来るだろう。そして、また次の日には半分以上戻し、一週間後には暴落前の水準まで戻る。

前回の時より手持ちの仮想通貨のバランスはよくなっていると思うので、手持ちの仮想通貨には手をつけない(前回の時はBTCに偏っておりもろに暴落の影響を受けた)。BTCが24万円代まで落ちたら迷わず買いますだろう。買いました分は、次の週には25%の含み益を得られるはずだ。

 

VALUが売れた

先日はじめてVALUを購入してみた。0.01BTCで買い注文を5件出したところ3件約定した。約定したものに関してすぐに売り注文を出したかったのだが、夜11時に店じまいという硬派なコンビニのようなサービス形態のため、出せなかった(ベータ版のうちだけだよな?)。

f:id:occha:20170605230035p:plain

唐突に店じまいを知らせる無骨なアナウンス

昼にそれぞれ0.02BTCで売り注文を出しておいたところ、一件約定した。いま0.01BTCは約3,000円なので(最高とは言い難いUIに慣れるのに労したため「労せず」とは言い難いのが残念だが)一日で3,000円儲かった。

他のVALUについても0.010001みたいな微妙な買い注文は出ているので、ほぼ買値で売り払ってしまうこともできそうだが、しばらく静観して0.02BTCで売れるのを期待しようと思う。いま保有しているのはあと2VALUなのでこれらが売れればあと6,000円儲かることになり、トータル9,000円の儲けになる。

買い注文を出している2件が約定し、その上で同じように売れれば15,000円儲かることになる。

(追記)結局、6,000円儲かったところで撤退しBTCは全て引き上げた。