なんでも書く日記

書かないと忘れてしまうのでなんでも書く日記。読んでも役には立ちません。

IOTAのTransitionにようやく成功した

IOTAが高騰している。USD建てで見るとこの2週間ほどでが3倍以上になっている。

f:id:occha:20170817075111p:plain

Bitfinexのチャート

ちょうど2ヶ月ほど前、1IOTA=40円くらいの時に500IOTAほど買い込んであったので、もっと買っておけばよかったと思いつつ、久しぶりにIOTAのWalletにログインしてみることにした。

IOTAのWalletは着々とバージョンアップを重ねられているようで、このあたりの着実さも値上がりの要因だろうか。

github.comそんなことを考えつつWalletをバージョンアップしてログインしてみたところ、499.4 Mi(BitfinexからWalletに送金した際のコストで500から少し減っている)入っているはずなのに、BALANCE 0と表示された。

f:id:occha:20170815224633p:plain

少し前ならかなり慌てたと思うが、仮想通貨に触れ始めて少し時間が経っているので、こういうこともあるだろうくらいの気持ちで落ち着いて公式Webページをチェックしてみた。

そうしたところ、新しいシードを作って古いシードからBalanceをTransitionする必要があるようだ。

blog.iota.org細かい背景はわからないが、丁寧に動画のチュートリアルも用意されていたので、手順を実行するのは簡単だった。

まず、Walletを立ち上げたらToolsからTransitionを選択する。

f:id:occha:20170815223738p:plain

 古いシードを入力してSEARCH ADDRESS SPACEを押す。

f:id:occha:20170815223835p:plain

しばらくすると、古いシードに紐づけられているBalanceが表示される。 表示された残高で問題なければBALANCE IS COMPLETEを押す。不足していればBALANCE INCOMPLETEを押す。今回は一回で全ての残高が表示された。

f:id:occha:20170813233047p:plain

 新しいシードを入力してTRANSACTIONを開始する。なお、シードには下記のコマンドで作成した文字列を利用することができる。

cat /dev/urandom | LC_ALL=C tr -dc 'A-Z9' | fold -w 81 | head -n 1

f:id:occha:20170813232743p:plain

 しばらく時間がかかる。他にTRANSACTIONするシードがなければSTOP TRANSACTIONINGを押す。

f:id:occha:20170813232834p:plain

 Transactionが無事に完了できたので、新しいシードでWalletにログインしてみたところ、まだBALANCEが0のままだ。

f:id:occha:20170815224640p:plain

さすがに少し慌て出してTwitterやフォーラムを検索して見ると、他にもTransactionが成功しない人が複数いるようだ。しかし、「手順を何回か繰り返したら成功した」や「何時間か待ったらTransactionされていた」のような情報しか見当たらない。

仕方がないので半信半疑で毎日何回かずつ試して3日ほど経ち、半ば諦めつつまた手順を実行してみたところ...

ようやくBALANCEに正しい残高が表示された。結果、やはり「手順を何回か繰り返したら成功した」としか言いようがない。

f:id:occha:20170817081420p:plain

このくらいの金額だから大して慌てずに対処できたが、仮想通貨の取り扱いは価格のボラティリティの大きさに加えて可用性のリスクが大きいことを改めて思い知らされた。