なんでも書く日記

書かないと忘れてしまうのでなんでも書く日記。読んでも役には立ちません。

Zaifで買えるトークンで短期売買してみた

7月の初め頃から持っている仮想通貨が上がろうが下がろうがホールドのスタンスでいたのだが、最近はスタンスを変えて短期売買なども始めてみた。そんなこともあり、仮想通貨を買い始めた頃から現在までの振り返りをしてみる。

数ヶ月前…仮想通貨を買い始めた頃

Bitcoinを購入するために最初に登録したのはbitFlyerだった。当時(と言っても数ヶ月前)は仮想通貨のことなどまったく分からなかったので、なんとなく大手のところが安心だろうと思いbitFlyerを選択した。その後すぐにBitcoin以外にもEthereumやNEMなどオルトコインと呼ばれる仮想通貨が無数にあることを知り、それらを購入できるCoincheckに登録した。Coincheckはスマホアプリの出来が良いこともあり、最初のうちはかなり気に入って使っていた。

取引所と販売所の違いに気がついた

そのうちにCoinmarketcapや、Poloniexなど海外の取引所で取引価格をチェックするようになり、Coincheckで売られているオルトコインの価格が他の取引所での取引価格と乖離していることに気がついた。買うときは高く、売るときは安くなっている。これは、スプレッドと呼ばれる手数料のためである。CoincheckでもbitFlyerでも取引所で取引できるのはBitcoinだけであり、他の仮想通貨は販売所で売り買いすることしかできないのだが、スプレッドが高い。

海外の取引所でAltcoinsを取引するようになる

販売所で高い手数料を払うのがバカらしくなり、日本の取引所を使うのは日本円でBitcoinを買うためだけになった。Bitcoin以外の仮想通貨を買いたいときは、日本の取引所からPoloniexなど海外の取引所へBitcoinを送る。Poloniex、Bittrex、Bitfinexなど複数の取引所に登録すると数百種類の仮想通貨を取引することができる。

海外取引所は使い勝手がよくない

ただし、海外の取引所も良いことばかりではない。まず、インターフェースが使いづらい、レスポンスが悪いなど基本的な機能の面が充実していない。さらに、海外にあるだけに、突然閉鎖されても何もできないだろうという不安もある。また、ほとんどの仮想通貨はBitcoinとしかペアで取引できないが、日本円を増やすという目的で仮想通貨取引をしている場合、Bitcoinとのペアでしか取引できない通貨はやや面倒だ。

Zaifトークンで買えるトークンは少額での短期売買に向いている

そこで、Zaifをよく使うようになった。Zaifは日本の取引所だが、(販売所でなく)取引所でBitcoinBitcoin Cash、NEM、MONAの4つの仮想通貨の売買ができる。さらに、最近0.1円から2円前後まで急騰(現在は1.3円前後)して話題になったZaifトークンをはじめとしてとして、8種類のトークンを売買できる。これらのトークンはZaifでしか取引できないのだが、そのせいか値動きのパターンが非常に読みやすい。一定の範囲の中で同じようなパターンでの値動きを繰り返している。例えば、下のチャート(XCPというトークンのもの)の場合、1580になったら10XCP買って1680円になったら売るように指定しておくと1000円の利益になる。

f:id:occha:20170903164630p:plain

短期売買にはリミット売りが使える

短期売買をする場合、指値で買ったものを指値で売るわけだが、Zaifのリミット売りという機能を使うと便利だ。例えば、XCPを1580円で買って1680円で売りたい場合、「1XCPの価格」に1580と入力し、「リミット売り」に1680と入力すればよい。そうすると、XCPが1580円になった時に自動的に買うことができ、また1680円に上がった時に自動的に売ることができる。

f:id:occha:20170903170414p:plain

元手10万円で10日間トークンの売買を実践してみた結果

以上のような方法で、10万円を元手に10日間、トークン(とNEM、MONA)の短期売買をしてみた。具体的には、一日に一回、1万円くらいずつ各トークンに指値(買いとリミット売り)を設定した。その結果、一日に約2,000円、10日で21,568円の利益を得ることができた。なお、この間、損切りは発生していない。ただし、あまりに値動きがないために同じ価格で売ってしまったものはある(その後、上がったので待ったほうがよかった)。

f:id:occha:20170903170015p:plain

注意点

Zaifで取り扱われているトークンは取扱量が非常に小さいため流動性が悪く、一度に大量に売買するには向かない。そのため、一度の取引は数万円分程度で数千円の利益を得るくらいが限度ではないかと思う。ただし、Zaifへの登録者が急増している模様なので、今後は状況が変わるかもしれない。

 

zaif.jp